住まいの断熱の工夫

快適住まいのために断熱を

住まいを快適にする断熱方法とは

住まいを快適にするには、家の中の温度を出来るだけ均一にすることが最も良い方法です。家の中の温度変化が激しいと冷房や暖房を多用することになり、気温の変化によって不快な思いをすることが有るからです。又、急激な温度変化により体調を崩すことにもなりかねません。そのような快適な住まいを実現するためには、断熱を効果的に行うことが非常に有効です。特に床の部分をしっかりと断熱することで床下からの熱の伝達を防ぎ、家の中の温度変化を最小限に抑えることができるからです。その為、床材をしっかりと選ぶことが非常に大切です。

断熱による快適な住まい

快適かつ健康な住まい作りは、室内外の熱をいかにコントロールするかです。昔ながらの日本の住まいは夏の日差し対策でしっかりした屋根と、高い湿度解消のための風通しを優先させたものでしたが、現代での家づくりは屋根の下にある天井部分で断熱を施しています。また、夏用だけではなく冬の寒さ対策として壁にも隙間なく施工し、外的要因に左右されない安定した室内環境を保つことが可能となっています。この快適性を左右する断熱材の種類もさまざまあり、その性能により初期投資をかけ省エネルギーでの住宅維持とすることが出来るものもあります。

↑PAGE TOP